« 2017/2/5 JFAプレミアカップ関西大会準決勝 | トップページ

2017年2月22日 (水)

2017/2/18 和歌山県クラブユース(U-14)リーグ戦第3節

昨シーズンのサンライズリーグでの健闘も及ばず和歌山県リーグに降格した和歌山U-15ですが、いきなり公式HPの予告もなしに公式戦が行われていたのを知ったのは2月上旬という(笑)。

ただ今回のリーグ戦が春に行われるクラブユース選手権の予備大会というか新人戦の位置づけだと知ったことでまあ仕方ない面もあるかと思ったりもしましたが和歌山県のサッカー協会のWeb担当の方にはせめて開始前でよいので広報につとめてもらいたかったなというのが正直なところでした。

この新人戦はU-13とU-14の2世代の混合エントリーになってもよいところなのですが、どうやらU-14(新3年生)だけの布陣で臨んでいるようです。

開幕して2戦を消化、ヴィーヴォ和歌山やカナリーニョFCなどの強豪相手に大差での勝利をつづけておさめていることである程度の安心もしていましたが、やはり和歌山県内での最大の敵となると岩出アズールに他ならず。もがき続けた昨年1年で積み上げたものがどのように発揮されるか、その1点に絞って試合に注目してみようと思います。

ただ思ってたのと違う場面になりがちなのは今に始まったことではないんだなと実感。

【岩出アズールFC×セレッソ大阪和歌山U-15 西松江サッカー場 11:40キックオフ

先にこの試合の様子がわかりやすく伝わりそうな写真を1枚。

171_large

すでにピッチに揃った相手をよそに立ったままミーティングを続ける風景、2-1とリードして折り返したハーフタイム時点の風景としてはちょっと気になる様子でしたが、それもうなずけるだけの試合内容だったとは自分も思います。1失点したことも問題なのかもですが、それ以上に内容がふるわなかった。

新2年だけで構成されたチームにしては精度がそう高いわけでもなく、ひとつひとつのプレーがどことなく淡白でむしろ攻め込まれる場面のほうが多かったように思います。

22_large 25_large

局面ごとの競り合いでは地力の高さもあり優位に立つのですが、問題はボールを保持してつないでいく部分でワンテンポ遅れることが何度かあり、ただでさえ県内のライバルチームが気合い十分で挑んでくる状況ではピンチに陥るケースが何度もあったりして。

30_large 38_large

昨年のサンライズリーグで出場機会が多かった選手らはそれなりにらしさを見せていましたが、ドカンとスケールアップするまでには至っていなくてももう少し時間が立てば一気に頼もしさが増してくるのではという予感も。実際に体格が整ってきたことでプレーに力強さが見えてきた選手も何人かいたので、そこは好材料と言えそうです。

68_large

後半になって何度か選手交代が行われ、結果としてベンチメンバーが全員出場することになりました。別にレギュラーが固定されているわけでもないこの時期、ただ固まりつつある中でスタメン争いが激しくならないことにはチーム全体の底上げも思うようにいかなくなります。ましてや新2年も加わってくる春以降はさらに激化することも考えると、個々が現時点でそれなりの手ごたえを得ておくことは重要ですし、何より今年の目標を全体で共有することで得られる一体感は大きな武器になるはずなので我慢強く挑み続けてほしいです。

183_large 206_large

それだけに決定率は上げていけるよう精進あるのみなのかもです。最終的には5-1で勝利をおさめましたがもっと決められたとも思いますし、いざ県外に出たときにたくましく戦える状態に近づけるためにも変化に注目しつづけたいと思います。

212_large_2 188_large

満を持して迎えた新シーズン、昨年の悔しさを胸に最後の1年に臨む選手らにはこれからもいろんな困難が待ち受けていると思いますが、チームメートがお互い助け合ったり励まし合ったりしながら同じ目標に向かって突き進んでいけるよう願うばかりです。

257_large

今年も頑張っていきましょう。

サンライズリーグは”戻るべき場所”だというくらいの気持ちで。

|

« 2017/2/5 JFAプレミアカップ関西大会準決勝 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/64925873

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/2/18 和歌山県クラブユース(U-14)リーグ戦第3節:

« 2017/2/5 JFAプレミアカップ関西大会準決勝 | トップページ