« 2015/12/26 第27回高円宮杯(U-15)全日本ユースサッカー選手権 準決勝 | トップページ | 2016/6/4 第31回日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 第2ラウンド初日(津守U-15) »

2016年6月 3日 (金)

めざせ今年も揃い踏み(2016年関西クラ選プレビュー)。

ほぼ年イチ更新となり忘れ去られてる当ブログかもしれませんが、最低限この時期だけは現場に足を運ぶ限り更新しますのでどうぞよろしくお願いいたします(*・人・)

5月末より開幕している日本クラブユース選手権(U-15)関西大会、すでに1次ラウンドが行われ今週末より淡路島に32チームを集めて2会場で2次ラウンド(グループリーグ)が行われます。

4チーム1グループで8つのグループに分かれ、とりあえずは2位勝ちぬけで3次ラウンド(決勝トーナメント)にコマをすすめることができます。昨年までには3次ラウンド進出でディビジョン2大会であるJCYインターシティカップに出場できていたわけですが、今年は全国大会の出場枠が1つ減り7チームとなり、そのあおりを受けてディビジョン2大会となるJCYインターシティカップに出場できないチームが1つ生じることになりました(その決定方法も13位チーム4つによる抽選と苦慮のあとが伺えたりする)

今年は初めてセレッソのU-15カテゴリーに属する3チームがサンライズリーグ参戦に伴い無条件で2次ラウンドからのシードを受けることになりました。ここまでのリーグ戦の戦いぶりからしか伺い知ることができないため限定された視点にはなりますが、自分なりにざっくりまとめてみたいと思います。

それでは3チームそれぞれのプレビューということで試合日程もあわせて紹介します。

【1.セレッソ大阪津守U-15】

P2113862

昨年末の高円宮杯(U-15)で悲願の全国制覇をなしとげた津守U-15ですが、今季も2月に行われたJFAプレミアカップ関西予選では仕上がりの良さを生かしてほぼ完璧な試合運びで本大会初出場を決めたものの、3月に開幕したサンライズリーグでは千里丘FCのスピード豊かなプレーにねじ伏せられ黒星スタートとなりました。

リーグ戦序盤は悪いなりに収穫を得る試合が続きましたが、プレミアカップ直前には代表選手の召集に伴う欠場や不安を抱えた選手がケガを悪化させ離脱することになり、必死のやりくりを図るも第6節では奈良YMCAに勝利を献上し、さらに1日2試合という過酷な条件で挑んだプレミアカップはGL敗退と結果としては厳しいものに。

本来の実力を出し切れない状況が節目ごとにおとずれるタイミングの悪さにボヤきたくもなりそうですが、第10節のガンバ大阪戦では相手の拙攻に助けられる一面はあったものの、個々が我慢強く仕事をきっちりこなしての快勝となり大会に臨むムードが向上しそうな大きなきっかけをつかんだような気がします。

グループリーグは【柏田SC、京都Jマルカ、西宮SS】が属するAグループに振り分けられ1位抜け最有力と目される組み合わせになりました。

ホンネで言うとここまでの戦いぶりと陣容を見る限り例年と比べて厳しい戦いになると思われますが、言い換えればここまで蓄え積み重ねたものが解き放たれれば2月のときのような質の高い戦いぶりに再進化できる可能性も大きいため、2次ラウンドが大きな底上げにつながればと願っています。

セレッソ大阪津守U-15 2次ラウンド日程

6/4(土) 11:40 西宮SS  淡路佐野第1
6/5(日) 10:00 京都Jマルカ 淡路佐野第1
6/11(土) 10:00 柏田SC J-Green堺S13

【2.セレッソ大阪西U-15】

P5210817

昨年から「西の新チームは間違いなく強い」と複数の関係者の感想を耳にしてきましたが、これは長年西U-15を率いている佐藤監督の意識の中に2年生に試合経験を積ませる優先度の高さも作用しているように見受けられる部分もあるのかなと。

エースストライカーの(9)阪口サンサを負傷で欠く以外は新3年生も順調な成長を遂げており、昨年と比べてもプレースピードが大きく上昇した印象を持っています。サンライズリーグ第2節の千里丘FC戦では惜しくも引き分けたものの高いレベルでかみあった好試合となり「もしかしたら優勝争いも?」と期待がふくらんだ時期もありました。

しかし以降は一瞬のミスが失点につながる場面が勝敗に直結し、試合内容とは裏腹に序盤に抱いた期待にはやや及ばない結果となっています。試合中の頑張りが個人レベルにとどまってしまう時間帯があり、結果互いに助け合えているかどうかの部分を課題のひとつとしてあげてもよさそうで。

失点からの切り替えに少々時間を要すあたりが気になるところですが、その分思い切りよく先に仕掛け切れるならそれは大きな強みとして作用するのではないかと感じます。

組み合わせはBグループに属することとなり、【ヴィッセル神戸、神戸FC、川上FC】と関西ではおなじみの強豪の面々が揃いました。2次ラウンドとの相性は比較的良い傾向にありますが、ややもすると大苦戦を強いられても何ら不思議はないだけに、ココロ強く戦えたならと思います。

セレッソ大阪西U-15 2次ラウンド日程

6/4(土) 11:40 神戸FC アスパ五色サブ
6/5(日) 10:00 川上FC アスパ五色サブ
6/11(土) 11:40 ヴィッセル神戸U-15 J-Green堺 S13

【3.セレッソ大阪和歌山U-15】

P4237545

創部7年目にして初のサンライズリーグ参入を果たすも、ここまでの10試合は2分8敗と苦戦を強いられています。主力と目されていた3年生数名をケガ等で欠く中、相対的に2年生が主体と言ってもいい状況ではやむを得ない部分もあるのかもしれません。特に体格面での不利は高いスキルがあったとしても補い切れるものではなく、先を見れば可能性は十分なのですが現在進行形という部分ではまだ分が悪いようです。

自分が現地で見守ってきた試合ひとつひとつを振り返ると、ふつうに勝ってもおかしくない内容の試合もいくつかありましたが、試合結果につながらないあたりは持ち合わせている勝負強さが関西レベルまでいま一歩届いていないんじゃないかなとも言えそうで。

しかし順位こそリーグ最下位ではあるもののいちおう全力は出し尽くしており、それに見合った収穫を着実に得られていることは間違いなく。府県大会を勝ち抜いてきたチームと同じグループに入った今大会は試金石と言い切っていいように思えます。

京都王者のヴェルヴェント京都、奈良王者の天理FC、そして1次ラウンドを勝ち抜いてきたフレスカ神戸とこちらも強豪が出そろいました。いずれのチームも勝ち抜けを虎視眈々と狙える状況だけに、積み上げてきた経験が十分発揮されるように戦っていけるとチャンスは十分といえるかと。このタイミングで大会が切り替わるのはまちがいなくプラス、昨年のチームだって大会前は不安いっぱいやったわけですからのびのびと戦ってほしいと思います(*・人・)

セレッソ大阪和歌山U-15 2次ラウンド日程

6/4(土) 15:00 天理FC 淡路佐野第2
6/5(日) 13:20 FCフレスカ神戸 淡路佐野第2
6/11(土) 11:40 Vervento京都 J-GREEN堺S11

今年については3チームすべてがここまでのリーグ戦がすべて順調とは言えない中で選手個々、チームそれぞれが何かしらの修正なり底上げなりが必要となっていて、楽観視どころかちょっとしたきっかけが作用すると最低1チームの全国進出さえも危ういと言える一面もあるかと思います。それはこれまでの結果なり失点シーンを思い起こせば無理もない話で。

それならいっそいったん気分をリセットしたうえでいまいちど全員で一丸となって戦えるならその不安は大きな結果としてあっさり裏返る可能性も高いと言えるのではと。

とにかくまっさらな気持ちで。苦労して積み上げたものは知らぬ間に力の源になってたりするに違いないので、そのためにもチームメートをピンチなときほど互いに励ましあってほしいなと思います。困難は全員で乗り越えて踏ん張りたいですね。

ドカンと成長できる熱い6月にしちゃいましょう。最大の期待抱えて自分も現地で見守りたいと思います(*・ v ・)σ

|

« 2015/12/26 第27回高円宮杯(U-15)全日本ユースサッカー選手権 準決勝 | トップページ | 2016/6/4 第31回日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 第2ラウンド初日(津守U-15) »

関西クラブユース選手権(U-15)プレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/63720977

この記事へのトラックバック一覧です: めざせ今年も揃い踏み(2016年関西クラ選プレビュー)。:

« 2015/12/26 第27回高円宮杯(U-15)全日本ユースサッカー選手権 準決勝 | トップページ | 2016/6/4 第31回日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 第2ラウンド初日(津守U-15) »