« 365日ぶりの更新です。 | トップページ | 2015/8/3 第30回日本クラブユース選手権(U-15)GL初日/津守U-15 »

2015年8月 4日 (火)

2015/8/3 第30回日本クラブユース選手権(U-15)GL初日/和歌山U-15

十勝では今年で5回目の開催となるU-15のクラブユース選手権、実を言うとセレッソのU-15カテゴリー3チームすべてが全国の舞台でそろい踏みすることを夢に見てはいても、なんせ3つともなるとしばらくは難しいかもと思っていましたが、それが選手、スタッフ等関係者のみなさんの頑張りのおかげで実現しました。もう心から感謝するばかりです。

快適なコンディションのもとで持てる力を発揮し、全国の強豪と真剣勝負ができることは今後の人生においてかけがえのない経験になるに違いないので、少なくとも悔いの残らないよう全力を出し切ってほしいと願うばかりです。

猛暑の中本当の敵が対戦相手なのか気候なのかワケわかんなくなる大会が多くを占める中での貴重な機会、自分も近くで立ち会える喜びを感じながらできるだけ後押しできたらなと思っています。その一環として久々にブログでも書いてみようと思ったのは…ハイ、モチベーションを与えてもらえたからに他なりませんw。できるだけ鮮度の高いうちにお届けしていこうと思います。

6_large

何度来てもここの芝生広場のスペースだけは圧倒される。

4面確保しても十分余裕のあるグリーンパークは市街中心部からのアクセスもよく、試合会場としては申し分ないかなと思えたりする。ただサッカー場ではないので足元の芝生の丈は長く、かなり力を要する感じになっている。

初日は西U-15と和歌山U-15が中札内とグリーンーパークに分かれ同時刻のキックオフとなりましたが、有志との調整の結果自分が和歌山の試合を見届けることに。大会史上初の和歌山県勢の出場を果たした記念すべき試合ということで、もしかしたら思っている以上に歴史的な瞬間なのかもしれません(笑)。

【川崎フロンターレU-15×セレッソ大阪和歌山U-15 10:00K.O. グリーンーパークAピッチ】

7_large

6月と比べて一段と成長した感のある和歌山U-15ですが、全国初戦という難しい試合に臨むにあたって脳裏をよぎるのは関西予選の初戦(奈良YMCA戦)だったり準々決勝(ヴィッセル神戸U-15戦)だったり、緊張が悪い方向に作用して力を出し切れぬまま終わった試合。

見る側としても緊張はしてしまうものの、選手たちは思い切りのいいプレーで関東ベスト4の川崎U-15相手に早い出足を生かしてペースを引き寄せる。

36_large 57_large

少なくともオロオロしたまま入ったゲームではなかったので、相手の名前等を意識しなければ何とか先制はできそうと思ってた矢先。

66_large 73_large

キャプテンの(11)中川裕仁がセンターライン付近左サイドから川崎GKのポジションを見極めてループシュートを放つと絶妙の軌道を描きゴール。喜びを爆発させるというより「おお入った!」という嬉しい誤算っぽい感じでの先制はチームに勢いをもたらす。

時折スピード豊富な川崎の前線に手を焼き続けるも守備陣の必死の頑張りで前半は1点リードで折り返す。

119_large 164_large

ハーフタイムはトイレ近くの木陰で過ごすといういかにも帯広っぽい新鮮な光景を目にしたあとも、後半の入りも川崎に対しペースを引き渡さずいい流れを維持してゲームを進めていくと。

200_large

(8)田端篤郎の正面から放ったミドルシュートがゴール上部ギリギリに決まり点差を広げることに成功する。運の要素も確かに含まれるものの、積極的に攻めた結果生み出されたものじゃないかなと。

218_large 224_large

途中交代で入った選手も全国の雰囲気に慣れるという意味以上に光るプレーを見せてくれたのはいい収穫で、実は意外と決定機をつくられる試合になったわりにはしっかり押さえこむことができたのは非常にいい感じだったと思えます。

231_large

時折足も取られ、思うようにバウンドしないピッチへの適応という意味でもいい経験になったんじゃないかと。体力消耗も激しく、ボールコントロールには普段以上に気を使ったわりにはタフに乗り切ってくれたかと思います。そういう中での2-0の勝利はこの上なく嬉しかったです。

237_large  239_large

ピッチ上でのあいさつは時間の関係で省略したものの、試合後にあらためて勝利の喜びを分かち合おうと気遣ってくれた選手たちにも感謝だったりします(^_^;

関西予選を突破した勢いを生かしたというよりも、一段高いレベルで戦えるチームになってきたことをあらためて実感できました。「強い」というよりは「強くなった」というイメージなのが現在進行形だとすると。

1週間後にも帯広にいても何の不思議もなく、もしかすると台風の目以上の存在になるかも。そんな確信めいたものが芽生えた試合でした。

2試合目もしっかりやり切って、早々に決勝T進出を決めたいですよね。

※少々遅れ気味の更新になるかもですが、今大会では他の記事も出来る限り早めにアップしていきます(*-人-)。

|

« 365日ぶりの更新です。 | トップページ | 2015/8/3 第30回日本クラブユース選手権(U-15)GL初日/津守U-15 »

U-15和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/62014991

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/8/3 第30回日本クラブユース選手権(U-15)GL初日/和歌山U-15:

« 365日ぶりの更新です。 | トップページ | 2015/8/3 第30回日本クラブユース選手権(U-15)GL初日/津守U-15 »