« 2013/8/19 第28回日本クラブユース選手権(U-15) ラウンド32(津守U-15) | トップページ | 3年ぶりの高円宮杯です。 »

2013年12月11日 (水)

「最優秀育成クラブ」ってことなので

4か月ぶりになりますが御容赦を(^_^;

今日行われたJリーグアウォーズではセレッソの関係者が多くの賞を受賞するという何か慣れない感じの出来事のなかでやっぱり目が向いたのはコレ。

2013Jリーグ 最優秀育成クラブ賞受賞について 

選考基準がどんなものかわからないけど、下部組織出身の選手が活躍した部分が大きいと捉えてもよさそうな。下部組織の大会成績が加味されていたとしても、周囲から認めてもらえるのは素直にうれしい話には違いなく。ただ光のあたる部分もあればとうぜん影の部分もあるわけで。

それだけに岡野社長の「昇格がかなわなかった多くの選手たちにもこの賞をささげ、喜びを分かち合いたいと思います。」というコメントには救われた部分もある。

これはU-18に限った話ではなくU-15、U-12などの下部組織に向けてのものとして考えるならば、たとえ一時期でもセレッソに籍を置いたことで刺激を受けて成長のきっかけをつかみ、進学した高校や大学、セレッソ以外のサッカークラブ、もしサッカーを続けていなくても社会で活躍する人も年を追うごとに増えていくことになるだろうと。

そんなOBの様子が風の便りでクラブなりファンなりに届き、その様子に目を細めるたびに今回受賞した実績が輝きを増していくのなら、それは嬉しいことこの上ないなって。

自分もセレッソのアカデミーを本腰入れて見るようになってまる7年が経過しようとしている。

今年もまた上のカテゴリーに昇格するなど新しい進路にさしかかる節目がやってこようとしていて、その結果に納得したり釈然としない思いを抱いたりと様々ではあるけれど、これだけは言えるし自分としても強く願いたいこととして。

とうぜん昇格できる人と昇格できない人の2通りがあるのですが。

昇格できた人は昇格できなかった人よりもある基準に照らせば何かしら優れている部分を持ち合わせているんだから、選ばれし者としての誇りを持って昇格がかなわなかった選手たちに胸を張れるような活躍や成長をしてほしいなと強く思っている。

「あ、あいつやっぱすげーわ」と溜飲を下げさせてほしいと。

逆に昇格できなかった人は何らかの形で選考にかかわった大人たちを見返す気持ちでいてほしいと思っている。そりゃ高校や大学などサッカークラブのそれと異なる環境で頑張りぬくのも大変だけど、いつか違った形でセレッソの下部組織では得られなかった経験を武器にするくらいの気持ちで頑張ってほしいなと。

もうじきU-15では高円宮杯(U-15)全日本ユースが開幕します。U-18に昇格できるできないにかかわらず今後の活躍が大いに期待できるプレーヤーがたくさんいます。

年末には高校サッカー選手権も開幕し、有力校に進学したOBも出場校で頑張っています。1年生からレギュラーになった選手もいますし、全国大会には出場していないけれど世代別の日本代表で活躍する選手もいます。

前後しますが大学についても全日本大学サッカー(インカレ)で同様にOBが出場しています。なかには新たにJリーガーになる選手もいます。

それぞれの舞台でセレッソの下部組織出身の選手がいい活躍をしてくれたなら今回の受賞をもっと喜べるものになるだろうと。そんな気持ちで残り少ない2013年が締めくくれたらなと願うばかりです。

|

« 2013/8/19 第28回日本クラブユース選手権(U-15) ラウンド32(津守U-15) | トップページ | 3年ぶりの高円宮杯です。 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/58735116

この記事へのトラックバック一覧です: 「最優秀育成クラブ」ってことなので:

« 2013/8/19 第28回日本クラブユース選手権(U-15) ラウンド32(津守U-15) | トップページ | 3年ぶりの高円宮杯です。 »