« スキをみて高野山まで行ってきた。 | トップページ | 2013/3/17 舞洲で長い時間過ごしてみる »

2013年3月18日 (月)

2013/3/15 大相撲春場所 六日目

多くの観衆で盛り上がる休日の本場所もいいものですが、満席とまではいかない平日開催は別に取組の質が落ちるわけではないので、ゆったり観戦するにはむしろうってつけかもしれません。

ただ朝早くから座って前相撲からずっと観戦するのもさすがに疲れるので。
8:30の開門に合わせて会場に到着し、無事に入場券を確保。

この日はせっかくの機会ということでこちらの寄り道を経たうえでの相撲見物となりました。

ちなみにこの日は何とかして間に合わせたい取組があったのでちょっと慌ただしくなりましたが、無事にそのミッションも可能になりました。

そのミッションといっても個人的な興味が強いものでして。

Dscf5666

ちょっと気になる祥鳳の取組。相手は昨年のアマ横綱遠藤(幕下付出し 部屋)という。

祥鳳は大阪府門真市出身のご当地力士で、今場所の弓取り式も務めていることで名が知れている。しかもどちらもここまで2勝0敗、遠藤は全勝優勝なら即十両昇進の可能性もある一方、祥鳳は弓取として関取になれるかもというごくまれなケースを実現するかもしれないという。

Dscf5669

そんな緊張感あふれる取組の結果は、立ち合いで変化した祥鳳のはたき込みというものに。いつも変化してたら周囲から苦言も呈されるし限界もあるでしょうけど、勝ち星にはかわりないですもんね。
ある種のプロの洗礼、自分はほほーと思いながら見ていました。ま、ご当地力士は応援してますから(笑)

Dscf5673

Dscf5675

十両の取組がバラエティ豊かなのも今場所の特徴かなと。
最軽量の関取、隆の山が体格に似あわぬ力強い相撲を見せ館内がどっと沸く。

Dscf5679

Dscf5681

Dscf5682

Dscf5683

あとあらためて意外やなと思うのが若荒雄が十両まで番付を落としていること。黒星先行と苦しむ本場所ながら、この日の取組では復調のきっかけになりそうな持ち味十分の相撲を見せる。また番付を上げて暴れまわってほしいなと願うばかりです。

実はこの力士、昨年の名古屋場所を見に行ったときに魁皇との取組があったのですが、このときに撮った写真が個人的にすごくツボにはまってひいきの力士リストに加わったという経緯があり。

ちなみにその写真がコレ。闘志あふれる表情が何とも言えず。

Dscf6308

この取組では魁皇に土をつけており、その数日後に最多勝の記録を更新した魁皇が引退したということで印象に残っていたりします。

そんなわけで十両から十分に楽しめる今場所は自分的には大いにアリでして。

Dscf5722

Dscf5723

いちばんのひいきの豊ノ島も何かと持ち味を出しつつ好調を維持。

Dscf5724

Dscf5726

黄金のまわしと褐色を帯びた肌が印象的な松鳳山も得意の形で白星をおさめる。

Dscf5734_2

ご当地(交野市)出身の勢は残念ながら下手投げで黒星を喫するも。

Dscf5754

同じくご当地(寝屋川市)の豪栄道は館内の大声援を受けて会心の相撲で鶴竜を寄り切る。

Dscf5755

それだけに大盛り上がりの流れを受けてからの横綱の取組2番は残念な感じでした。白星はおさめたいけれど横綱らしさはあまり見られなかったのが。ねえ(苦笑)

Dscf5771

最後は前述の祥鳳の弓取り式。

所作の最中にかかる掛け声は地元ということもあり絶え間なく続く。
もともと自分は祥鳳の弓取の所作のキレの良さが注目のきっかけだったので、最近は弓取式もきちっと眺めてから会場をあとをするようになりました。

初日に行ったときは「せめてあと1日は現場に」と思いましたが、今回も結局は「せめてあと1日は」という思いは変わらず。現場で相撲を見ようと思ったきっかけは朝青龍なんですが、なんだかんだで今は今で面白いなというのが正直なところ。さて、あと1日なんとかなればと企みますがはたしてw

|

« スキをみて高野山まで行ってきた。 | トップページ | 2013/3/17 舞洲で長い時間過ごしてみる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/56984904

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/3/15 大相撲春場所 六日目:

« スキをみて高野山まで行ってきた。 | トップページ | 2013/3/17 舞洲で長い時間過ごしてみる »