« 台北に行ってきたときのお話でも(2011年10月版・その2) | トップページ | 2013年です。お気楽にやります。 »

2012年12月31日 (月)

たまにゃOBをたずねてみる(2:永井龍編)

ずっと前から訪問してみたかった地、パース。

「世界で一番美しい街」と呼ばれるオーストラリア西部の都市のサッカークラブにまさかセレッソのアカデミー出身のプレイヤーが移籍するなんて話は夢にも思ってなくて。

正直なところ予算的にはキツかったけれど、千載一遇のチャンスが訪れたので行ってまいりました。

File0258

永井龍選手。セレッソユース出身者初の海外組になるのかな。
(写真はU-18所属当時)。

【略歴】
 2004~2006 セレッソ大阪U-15津守
 2007~2009 セレッソ大阪U-18
 2010~    セレッソ大阪 現在3年目
 ※2012.10よりパースグローリーFC(オーストラリア)にレンタル中。

しなやかなプレーと高いセンスで幾度となく値千金のゴールを生み出し続けたアカデミー時代、トップチームに昇格してからはフィジカルの強化に伴い力強さのほうが前面に出てくるようになりました。しかしケガに苦しめられることも多く、活躍を求め続ける周囲の期待が重くのしかかった時期もあったのではと。

そんな中訪れたチャンスはレアなケースだったかもしれませんが、彼にとっては大きな再生、そして成長のチャンスに違いないと思い、その頑張りをこの目で確かめたくて行ってきました。

当然激励の気持ちが一番ですが、ほぼ未開の場所でどのように奮闘しているか興味津々、訪問時期がちょうどケガの回復直後となったため、せめてベンチ入りかあわよくばたとえ少しでもプレーが見れたらいいなと思ってスタジアムに行ってみると。

余裕をみて試合開始3時間前にスタジアムに行ってみるともうすでに会場入りしているとのこと。集合形態は各自クルマ等で会場までやってくる形式っぽい。

とりあえず試合前の練習に参加しているかどうか。ベンチ入りの情報もないままスタジアムに入ったのでどうかなと思って待っていたら。

Dscf4151_2

Dscf4158_2

あっさり発見できてひと安心。ちょびっとドキドキしたのは秘密ですが。

自分の周囲には子供が数人しかいなかったことを差し引いて考えたとしても、アップ終了後に気づいてもらえたあたりは相変わらずの察知能力というかw。

するととなりの子供たちが「Ryo is on the starting list.」と教えてくれた。

…え、スタメンですか?たしかにターンオーバー制をひくとは言っていたけれどこれは予想外でした。

新聞には前節のブリスベン戦で何人かの選手が高湿度でコンディションを落としたという話もあり、しかもブリスベン~パースは飛行機で5時間半かかるのであればそりゃナットクのいく話。

まあ何にせよチャンスが訪れたのだからこれはぜひモノにしてほしくて。

特に龍については唯一の試合出場(第2節 セントラルコースト戦)で大ピンチを招くミスをしてしまったことが個人的には印象に残っていたので、ここはもう祈る気持ちで見守るしかなくて。

それが実際に試合が始まってみるとこれがまた素晴らしい出だしで。

Dscf4185_4

セレッソと同じ4-2-3-1の陣形で、2列目の左サイドで見せたプレーはイメージを覆すには十分なものでした。

体をぶつけた競り合いでも十分に優勢なのは予想はしていたけれど、サイドでボールを持ってからの仕掛けで緩急の付け方がすごくよくなっていて。

「こんな鋭いドリブルできたっけ?」と思えるくらいの印象で。

しかも相手DFはファウル覚悟で止めにかかるなど前半だけで6つ(またはそれ以上)のファールを得て、幾度となくチャンスを演出し脅威になっていました。

Dscf4197

味方の攻撃陣との連携も十分で、流れ次第ではセットプレーでも存在感を見せ、スキあれば積極的にシュートを放つなど間違いなくキーマンとしての働きを見せていました。

前半途中からボールがつながらなくなったことで存在感がいったんは薄くなりましたが、終盤には息を吹き返し序盤と変わらぬ質の高いプレーで最終的には左サイドからのファーのクロスで同点ゴールをアシストするという働きを見せる。

最終的には1-1とドローになりましたが、復帰初戦としては上々の内容だったと言えるのではなかったかなと。

試合後にはフェンス越し選手相手のファンサービスも1つ1つ丁寧にこなし。場内照明を減光されるくらい時間が経過しても、笑顔を絶やさず積極的にファンに声をかけながら会話していた様子は南津守や長居で観た光景と変わらぬもの。

この辺の立ち振る舞い、昔から素直に尊敬しています。ホント素晴らしいです。

Dscf4238

試合後にちょこっと話を聞いてみると充実した表情にこちらも一安心。

「ケガの心配をなしにプレーできたこと自体が久々でした」とのコトバが聞けたことで、10月から4ヶ月間のレンタルですでに3ヶ月が経過した中での出場にひたすら安堵、実は第2節もケガを抱えてのプレーだったとのことでその辺も安心できました。

パースは在住の日本人が多いのも嬉しい話で、たとえプロのサッカー選手だとしても実際には21才の若者として見てみれば、環境そのもので苦しい思いをする要素が思ったほど多いわけでもなかったのも安心できる要素。

この日も邦人グループの応援だけでなく、はるばるご家族の方々も訪れていたみたいで、そのタイミングでスタメンフル出場だけでなくいい働きができたあたりはホントによかったなって。


…実は日を改めて練習も見学させてもらい、もうちょいと話することができました。

たくさんのことを色々と感じた中で自分が思ったことをざっくりとまとめると。

彼にとってのパースへのレンタル移籍は「周囲が想定する以上にプラス」やなかったかなって。一回り大きく成長した姿がまた見られるかもと思うと楽しみが1つ増えた気分です。

おそらくですが、日本からの移籍先としてオーストラリアリーグってのはもっと注目されると思うし、その人数も増えてくると思う。レンタル制度の活用も含めれば、今回のケースはその草分けになるかもしれないなって。

個人的にはもっとたくさんの経験を積んでみるのもいいんと違うかなと思えたりもするけれど、この辺は人生何事もタイミングですし。どんな道を歩むにしても、どんな未知のルートを経るにしても最終的に素晴らしいサッカー人生を歩んでくれたらいいなという気持ちは素直なものなので。

まずは今お世話になっている場所で全力で成長して活躍して、かかわる人々にいっぱい幸せをもたらせるよう頑張ってほしいなと。そしてそこで新たに開ける視界が光あふれるものでありますように。

できることならば、また桜色のシャツに袖を通して躍動する龍の姿を楽しみにしています♪

|

« 台北に行ってきたときのお話でも(2011年10月版・その2) | トップページ | 2013年です。お気楽にやります。 »

サッカーそのほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/56442134

この記事へのトラックバック一覧です: たまにゃOBをたずねてみる(2:永井龍編):

« 台北に行ってきたときのお話でも(2011年10月版・その2) | トップページ | 2013年です。お気楽にやります。 »