« 2012/7/28 adidas CUP2012 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)2日目 | トップページ | 2012/8/3 NMB48 TeamM 1st「アイドルの夜明け」 »

2012年8月 2日 (木)

2012/7/31 adidas CUP2012 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)ラウンド16

Dsc_0570

無力化されちゃったのか力の源が残っていなかったのか。

夏まで悶々とした日々が続いたものの大舞台で強敵相手にブレイクスルーを果たし、勢いに乗りつつ挑んだ決勝トーナメントでしたが、ベガルタ仙台ユースのアグレッシブなサッカーになすすべもなく敗れてしまいました。

若さとか経験不足とか戦術の熟成が進んでいないとか色々な要素が戦いには付きまとうやろうけど、欠けちゃいけないのは気持ちの部分やというのは今更語り直すことでもなく。

疲労の色が濃い中でも全力で頑張っていたのにな。

短期決戦といいながら40℃近いコンディションの中での連戦と同情する部分もけっこうあるけれど、相手もほぼ同条件で戦ってきているだけに、気迫負けとか走り負けというのを目の当たりにするとどう言っていいかわかんなくなる。

ま、何にせよ今回の経験を以降に生かしてまた巻き返して、次の大舞台で喜べたらいいなと思う。

…で終わるわけにはいかないんよね。今回に限って言えば。

様々な状況、環境については考慮しなきゃならないやろけど、自分が今までに見た試合の中では今回の仙台戦は最悪の部類やった。のっぺりした見せ場のない90分はどことなく苦痛を覚える要素が継続していた。

なんでそう思えたんやろ。言えることは全員が頑張っていても、全員がこの試合にふさわしいクオリティを発揮できていたとはいえないからやないかなって。

集大成ともいえる世代を中心にしたチームでこの敗戦、深く受け止めなマズい。現状、環境、課題を広く見渡して探せばいろんな意味であらためてそう思う。

個人的にはリザーブの選手たちの突き上げが次の成長のきっかけになると信じている。夏から秋にかけての彼らの頑張りを願いつつ見守りたいと思う。

|

« 2012/7/28 adidas CUP2012 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)2日目 | トップページ | 2012/8/3 NMB48 TeamM 1st「アイドルの夜明け」 »

U-18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/55332766

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/7/31 adidas CUP2012 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)ラウンド16:

« 2012/7/28 adidas CUP2012 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)2日目 | トップページ | 2012/8/3 NMB48 TeamM 1st「アイドルの夜明け」 »