« 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め① | トップページ | 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め③ »

2012年6月 8日 (金)

2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め②

「津守がよいなら西がイマイチ、逆もまた同じ」
この大会の傾向というか何というか。

2008年は津守が優勝、西が敗者復活でガンバに惜敗。
2009年は決定戦で津守と西が直接対決、PKで西が勝ち抜け。
2010年は西がまさかの予選敗退。津守はベスト4で全国出場。
2011年はベスト16で西と津守が直接対決。負けた津守が敗者復活で勝ち抜け。

組み合わせから言えば勝ち進んだ場合ベスト4まで直接対決がない組み合わせなのに、どちらかが思わぬところで敗戦を喫することで泥試合をせにゃならんところまで巻き込まれている。

そして今大会の初日、U-15西がなんだかんだでスコア上は好発進。
となるとU-15津守はどうよと。相手はサンライズでも引き分けた新興勢力のRIP ACE。
OBには世代別日本代表の薮内健人(ガンバ大阪ユース)がいたりして、今後もっと強くなってきそう。

何かと苦しい津守ですがサンライズリーグでようやく復調気配とはいえ、大会が変わるなら気分も切り替えて。気合いも入れて思い切りよい戦いを強く強く期待です。

セレッソ大阪U-15津守-RIP ACE】
(J-GREEN S9 11:40キックオフ)

立ち上がりは落ち着いて入るものの、シンプルに堅守速攻で挑むRIP ACEに対し受け身になる。前線まで丁寧にボールを運ぶ意思はあるものの、人数をかけた守備の網にかかってからのドタバタぶりときたら。

ちょっと守備も緩かったし、RIP ACEの(10)鈴木豪のスピード豊かな突破を捉えきれず幾度となくピンチを迎える。そんな中ゴール前でボールを回されて先制された光景は正直キツかったな。ここで目を覚まして反撃を、といきたいところでしたが攻守の入替がはっきりしていて何かバスケを見ているような気さえ。

後半は攻勢を強めるも策に乏しい感があり、消耗も手伝って選手にもいら立ちが見えてくる。ここでベンチからそれなりに修正指示があればよかったのですが、ちょっと精神面の声かけが出てきたのはどうかなと思ったり。

声かけや励まし合いはピッチ上の選手がお互いに行うべきものなのに、スタッフがその部分を担うということは最も足りない部分が最も必要なことであるということになるので、見ていて凹み気味になる。ま、そこが今年一番の課題であるというのは見てきて感じるけれど。

さすがに相手も消耗がすすみ終盤は完全に津守のペースになる。
そんな中生まれたビッグチャンスを(9)小林疾風が落ち着いて決めて同点。
ここから一気に逆転といきたかったところですが、相手の術中にハマったままで戦ったツケが一気に回ってきた感じ。見ている側は「ここを乗り越えてこそ」と思い見守るけれど、結局ひっくり返せぬまま1-1のドロー。

Dscf2873

メンタル面に難ありと言えばそれまでになるんやけど。
現場も一緒に泥沼にはまっていっているような印象があるだけに。
ちょっとしたきっかけで一気に上昇できるのがこのカテゴリーの特徴だけに、ここは視点を変えた上での奮起というか開き直りがあってもええのと違うかな。カラ元気でええからアホになるくらいでいいくらいかも。キャラ変わっても許すワw。

次は思い切りよく。励ましあう声が響きあう試合になればいいな。

|

« 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め① | トップページ | 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め③ »

U-15津守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/54904468

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め②:

« 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め① | トップページ | 2012/6/2 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 グループリーグ1日め③ »