« 2012/6/17 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 準々決勝 | トップページ | 2012/7/22 2012高円宮杯プレミアリーグWEST 第9節 »

2012年6月30日 (土)

2012/6/24 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 敗者復活戦

前日に行われた「セレッソ代表決定戦」、結局現地では見ていない。
自分はU-15世代の3チームに対し、それぞれ現地で見守ってきた思いは最大限のもの。普段の対戦であれば楽しみは尽きないけれど、全国大会への権利を賭けて争う場で片方が敗退となるとどんな顔して見守ればいいのかわからない。スタッフも同じこと。ただ選手同士のライバル心は目を見張るものがあるけれど。

結果2-1で津守が勝利したとのことで。
西の選手たちは悔しさをどのようにして表わしていたんやろ。
昨年末のモルテン以降ずっと抱えている課題は克服の気配はあるんやろか。
このまま終わったら存在そのものが問われるくらいに思っているし、西ならではのギラギラさを前面に出してほしいものです。一方津守のほうは尻に火がつけばほったらかしても頑張るチーム。湿ったマッチに例えたくなるのは毎年のことかw。

ならば全国まであと2つ。デベロップも確かに全国大会やけど自分は認めたくないので第5代表狙い一本で勝ち進みたい。

【神戸FC×セレッソ大阪U-15津守
(神戸学院大学人工芝 11:15キックオフ) 

人工芝とひとくちに言ってもホントいろいろあるもんですね。
今の南津守みたいにただの床みたいなものもあれば、堺のようにメンテナンスが行き届いたところもある。今回の会場になった神戸学院の人工芝。ここはここで新鮮な印象を受けました。

P6244986

ボールがバウンドするときに「どさっ」と音がする。チップが多すぎて砂場みたいな状態になってましたw。おかげでショートパスは勢いが殺されるしプレーのたびにチップが舞い上がる。非常にやりにくいピッチコンディションなので、足元のコントロールがうまくいかないと即ミスにつながる。ボールは完全に津守が支配できたけれど、神戸FCはコンパクトに固めてくる分一定の脅威は感じたかな。

P6244991 P6245026

そんな中序盤の少ないチャンスを(9)小林颯が決めて先制。派手さはツートップを組む(11)井上泰斗に譲るものの堅実なプレーぶりは安心感をもたらす。続けて大会が進むにつれて持ち味が出てきた(12)金志賜が追加点。

P6244981

とりあえず2点を奪えたことが後々の余裕につながったのかなと。
途中カウンターを食らい失点するなど危なっかしい面もあったものの、ピッチへの順応もあって攻撃の形も少しずつリズムが良くなってくる。この辺は良くも悪くも(10)勝岡伸吾次第なところもあり。彼がボールを持って多少でも動けばダイナミックな感じになってくるので見ていて納得がいく。U-18も現時点ではボランチが悩ましいところやけれど、この辺はU-15でも同じことかもしれないなって。

P6245039 P6245128

終盤にも追加点を重ね、4-1で勝利。守備の安定度も上昇し、無事に最終日の決定戦への進出を決めました。

相手は昨年の全国王者の京都サンガU-15。胸を借りるとかそういうのではなく、やるからにゃ全力でぶつかってきてほしい。悔いの残る試合はここまでにいくつ重ねたかわからないくらい。ここで決めたなら少しは報われるはず。

昨年も第5代表決定戦で全国行きを決めたけれど、今年は今のいい流れを切らさぬよう頑張ってほしいです。

もう帯広行きの航空券も購入済みやから。デベロップまわりやと日程合わないからホントよろしくお願いします(笑)

|

« 2012/6/17 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 準々決勝 | トップページ | 2012/7/22 2012高円宮杯プレミアリーグWEST 第9節 »

U-15津守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/55082708

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/6/24 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 敗者復活戦:

« 2012/6/17 日本クラブユース選手権(U-15)関西大会 準々決勝 | トップページ | 2012/7/22 2012高円宮杯プレミアリーグWEST 第9節 »