« 2012-03 九州まで遠征してきたんです(1) | トップページ | 2012/3/18 2012年初のU-18詣です。 »

2012年3月17日 (土)

2012/3/17 2012JリーグDivision1 第2節 セレッソ大阪×ガンバ大阪

この日長居スタジアムに到着してふと思ったことがあって。

「西野朗が率いるガンバとはもう戦えないのか」と。

ちょっと寂しかったりする。

彼がガンバを率いてからのダービーの歴史はセレッソ関係者にとっては屈辱そのもの。途中ディビジョンが違ったときは戦うことすら許されなかったんやもんね。

西野さんはいつも対戦直前になると煽り気味にモチベーションを高めてきて、それを飲み込んだ選手たちの戦う姿勢はダービーの重要性をきちんと理解して、それこそ普段のリーグ戦とは異なる気迫を見せつけてきていた。それだけに昨年のACLのラウンド16での勝利はすごく嬉しかったな。ここからまた新しい歴史が始められるって。選手もサポーターもダービーに勝つ味を知れたからね。そして改めて西野ガンバに挑みたいなと思ったら退任。
なんか総じて勝ち逃げされたような気分だったりもするわけです(苦笑)

…とまあ回想もそこそこに。

Dscf1590

長居スタジアムでは11年ぶりのダービー勝利となりました。
ロスタイムの勝ち越しゴールという慣れない結末で。ふつう決められる側やからねウチらはw。

勝ち以外許されない試合で勝利を引き寄せたのはそりゃめっちゃ嬉しい。しばらくメシもウマいはずです(笑)。
この1勝は過去の様々な呪縛を取り除くのに十分すぎるものになるし。
まあまだまだ負け越しの状況は続くからね。これからの対戦で少しずつ優位な立場に導けたらいいですよね。

それにしてもガンバ。一体どうすんのかな。
少しずつ修正できてきたのかな?と思わせる場面もいくつか見られたけれど、なんかみなぎるものが感じられなかったです。セホーンの采配も疑問を感じさせるものやったし、能力の高い選手を揃えながら互いの違和感を埋めるのに必死って感じで。

一生懸命頑張ったサポーターもこれじゃ報われないよね。知恵絞ってコレオまでして盛り上げたというのに。

ま、さすがに次回のアウェー万博での対戦時には状態もよくなってきていることかと。そりゃ天下のガンバ様ですもん、このまま終わるはずがない。名将セホーンがきっちり立て直して復活してくると思うので、気持ちを締め直して次回のダービーに臨もうじゃないですか。

勝利の事実は素直に嬉しくて。ただライバルの不調はどうもしっくりこなくて。結局のところ、ほんのちょっぴり寂しさの混じったダービーとなりました。

ほんまガンバしっかりせえよと。

一時代が終わったことは認めたうえで。

|

« 2012-03 九州まで遠征してきたんです(1) | トップページ | 2012/3/18 2012年初のU-18詣です。 »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/54247630

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/3/17 2012JリーグDivision1 第2節 セレッソ大阪×ガンバ大阪:

« 2012-03 九州まで遠征してきたんです(1) | トップページ | 2012/3/18 2012年初のU-18詣です。 »