« マラン遠征記ですよ(5/1-1) | トップページ | マラン遠征記ですよ(5/1-2) »

2011年5月25日 (水)

2011/5/24 ACLラウンド16 ガンバ大阪-セレッソ大阪

…。

今まで積み重ねた屈辱的な敗戦。

そしてディビジョンが異なることで対戦さえかなわなかった長い長い日々。

Jリーグの歴史と共に綴られたダービーの歴史はどこを見渡してもガンバとセレッソの2つのクラブの差が際だつものでした。

つい先日も行きつけの店の大将とダービーの話題になったときに「要は吉本興業と松竹芸能の関係みたいなもんやね」と例えられ、なんか言い得て妙かも…イヤ違う違うと思ったばかりw。

ただ今年は今までにない、さらに高い舞台での対決になったんですよね。
アジアチャンピォンズリーグ、インドネシア風に言えばリーガチャンピオンズアジア。

セレッソがリーグの上位常連になって、しかもガンバが今の地位を安定させたうえで双方とも勝ち抜き、しかもクジ運がよくないと再現があり得ない組み合わせとなればすぐ思い付くフレーズは1つ。

トーナメントなら「勝ち逃げ」ができるぞ。

…となるわけで。リーグ戦とは異なる時間軸ですすむ大会なら気持ちが切り替わるし、しかも延長&PKも含めて勝敗を決めるとなれば、勝者と敗者の浮き彫りぶりではリーグ戦の比ではない。ノックアウト戦で勝てると成ればそりゃもう気分が良いのなんのって。

今まで失い、折れ、壊されたモノが多すぎただけに、もう開き直って迷いなく戦える状況でその通り戦えるかどうかが問題でしたが。

こんな感じになりました。※ガンバの公式サイトでもこんな感じ

結果は高い集中力と勝負への執念で相手を上回っての勝利となりました。序盤の入り方が非常に好印象で、終始高い集中力を維持できたなら勝てないわけはなく。ま、ガンバのコンディションが低調なのを織り込む必要はあるけれど、それでもボクシングに例えれば終始やや地味ながら手数を重ね、終了間際のクリーンヒットが決め手のKO勝ちって感じかな。
久々の大阪選手権?(自分はダービーをこう捉えている)のタイトル奪還は素直に称えられるものやと思います。

この試合で得たモノはアジアのベスト8やセレッソの歴史に加える貴重な1ページももちろんだけど、ダービーの勝利で体中に感じた歓喜を選手、クラブ、サポーターが共有できたことかなって思う。この経験を経たならまた勝ちたいという思いに現実感が伴うようになるはず。これでようやくダービーの看板に見合うだけのカードに1歩近づいたという手応えが。

今年はお盆にある長居のリーグ戦だけでなく、お互いが頑張ればナビスコカップの準決勝での再戦の可能性も十分あるし、それこそ天皇杯での再戦もあるかもしれない。それはそれ、気持ちをまた切り替えて臨んでいきたいです。ACLという舞台のリベンジについては…早々に再戦できたらそれはそれで喜ばしいけれど、実力よりもタイミングや運に左右されるだけにこればかりは。ということでしばらく勝ち逃げさせていただくということにしますか。それでええでしょw。

ガンバだって多くの苦難を経てきたクラブ。初期には川淵チェアマン(当時)に「消えてなくなれ」と言われ。ようやくここ近年は日本代表の選手を輩出し続け、思い切った投資で優良助っ人を獲得し続けるものの、これからってタイミングに中東に奪われるという苦難に直面しながらも国内だけでなくACL、パンパシフィック選手権などの海外のタイトルまで獲得できる強豪までになった。素直に敬意は払っているし、ダービーになるとその重要さを知り、煽り気味にモチベーションを上げてくれる西野監督はそう嫌いな人ではない。

色々と言われるサポーターについても、海外で見られる殺伐さへの憧れが変に強い気がするけれど、特別な試合であると意識して格下の相手に対してカタチはどうあれ全力で臨んでくれることには自分は感謝する気持ちさえ持ち合わせている。

ただ暗黒時代の経験を糧としている人ってどれくらい存在しているんやろ。ACLラウンド16での3年連続敗退(しかもダービー敗戦含む)に比べればそれこそ先述の「消えてなくなれ」やJ創設当初の対ヴェルディの連戦連敗は、ウチの2005年シーズンのロスタイム失点でガンバにタイトルをさらわれたウチらの経験なんてどう考えればよいのやら。

ま、たしかにめっちゃムカツク相手ではあるけれどそれは憎悪とは異なるもの。仲良くなんてあり得ないけれど、お互いが高いレベルでぶつかり合いを繰り返している間に、いつの間にか大阪なり関西なりが国際的にも知られるサッカーの熱いエリアになってきたらいいなって思います。

いずれは3つめの大阪のクラブが生まれればまた立ち位置も変わるかもしれませんしね。

5/25の結果を経て、準々決勝に残ったのは日本勢ではセレッソ大阪だけとなりました。リーグ戦では本調子にのれなくて、そしてナビスコカップもあるとなると過密日程が心配ではあるけれど、あと3つ勝ち抜けば年末は世界とガチ勝負ができることになる。こうなりゃやるしかねーべさ。ね。

|

« マラン遠征記ですよ(5/1-1) | トップページ | マラン遠征記ですよ(5/1-2) »

セレッソ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/51801434

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/5/24 ACLラウンド16 ガンバ大阪-セレッソ大阪:

« マラン遠征記ですよ(5/1-1) | トップページ | マラン遠征記ですよ(5/1-2) »