« 2011/5/3 ACL第5節 アレマ・インドネシア-セレッソ大阪 | トップページ | マラン遠征記ですよ。(4/30-1) »

2011年5月 7日 (土)

2011/05/05 和歌山県クラブユース選手権(U-15)決勝

5/5 シンガポール21:55→05:50羽田07:30→08:40伊丹08:50→09:15あべの橋(天王寺)09:22→11:08紀伊田辺11:15→11:30和歌山フットボールセンター。

…結果すべて綱渡りやったけど、間に合ったからよしとしようw。

【セレッソ大阪U-15和歌山-岩出FCアズール 12:30キックオフ 和歌山フットボールセンター人工芝】

関西大会への切符はわずか1枚。

相手は和歌山随一の強豪クラブ岩出FCアズール。発足3年目のセレッソに対して見せる先輩クラブの意地と気迫は相性になってあらわれています。

今季も2戦2引き分け、どちらかといえば劣勢の印象が強い中での再対決は関西大会の出場権を賭けて行われました。

序盤からピッチを広く使い鋭い攻めを繰り出す中、前半3分に正面から(19)西友都がループ気味に打ったミドルシュートが岩出GKの頭上を越え、バーをたたいてゴールラインを割り早々に先制。以降は先制の余裕も手伝い、鋭い攻めと我慢強い守備を繰り返す。

高い技術に加え体格でも優勢の岩出FCの攻撃陣も通常はボランチの(6)加佐怜人をCBにシフトすることで徹底的に攻め手を封じる。

特にこの試合ではゴールを決めた西以外にも左SBの(17)井上杏汰の2人の2年生が獅子奮迅の働き。それ以外にもピッチ上の選手たちすべてが見せる高い集中力が幾度となく決定機を量産、終盤には両チームとも運動量が落ちる中得られた結果は。

Dscf5637

和歌山U-15としての初タイトルとなりました。※U-13世代は今年のWFAプレミアで優勝している。

今までの過程を思えば感慨深い結果なんですが、スタッフの方々にとっては勝利が義務付けられる中での関西大会進出となったことで、とりあえずは第1段階を通過と言ったところでしょうか。試合を振り返ればあと数点は取れたはずですし、まだまだ課題はあるのも事実。

正直なところ近年の関西大会での和歌山県代表の成績は目立ったものではなく、ややもすると相手からはボーナスステージと思われかねません。

ならば開き直って挑戦者として迷うことなく1つでも高い位置を目指すことができるというもの。セレッソの看板を背負うことは言うまでもないですが、和歌山のサッカーがどれほどのものかを見せることが大事になってくるのかなと。

今日のような試合を再度見せられるのなら、強豪相手でも可能性が出てくると思うんで、6月上旬の開幕に向けてさらなるレベルアップを期待しています。

Dscf5635_2

何はなくとも優勝おめでとう♪次の舞台でも頑張っていこうっ!

|

« 2011/5/3 ACL第5節 アレマ・インドネシア-セレッソ大阪 | トップページ | マラン遠征記ですよ。(4/30-1) »

コメント

やったね!選手たちもそうやけど、眞中コーチも親御さんの方々の喜びもひとしおですね。それとあなたの24ばりの超人ぶりに脱帽ですw

投稿: パラメヒコな人 | 2011年5月 8日 (日) 09時49分

長征応援おつかれさまでした!
和歌山U-15の優勝に感慨もひとしおです。これからは関西で更なるレベルアップをしていってくれることと思います。
今後のかずおセレッソに期待大です(≧∇≦)

投稿: きの | 2011年5月 8日 (日) 16時42分

>>パラメヒコさま

ようやく和歌山の頂点に立ったけれど、和歌山代表と言う部分も大事にするのは言うまでもなく、「セレッソのプライド」も背負って戦ってほしいなと願うばかり。
今までの過程はけっこう大変だったけれど、広い海原に出ていけるからにはさらに上を目指して頑張ってほしいです♪

>>きのさま

組み合わせはまだですが、関西大会の日程と会場が発表されています。ほとんどが堺での開催と言うことで、1人でも多くのサポーターに見てもらいたいなと思うことしきり。何なら1度くらいはコール送ってみますか。

投稿: dtake | 2011年5月13日 (金) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/51589480

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/05 和歌山県クラブユース選手権(U-15)決勝:

« 2011/5/3 ACL第5節 アレマ・インドネシア-セレッソ大阪 | トップページ | マラン遠征記ですよ。(4/30-1) »