« こういう風景は好きですが | トップページ | オウンゴールが1試合3発! »

2009年12月14日 (月)

2009/12/13 Jユースサンスターカップ決勝トーナメント(名古屋-C大阪)

Pc130051

2009年のU-18カテゴリーの総決算。

続出する故障者、来季以降を見据えた育成の並行、タイトルホルダーになったことによる相手チームのモチベーションの上昇など数えだしたらキリがないくらいの逆境をいかにして乗り切れるか、祈る気持ちで試合を見守ります。

カメラ構えて試合を追っていると、通常の試合観戦モードよりも冷静に見られる分だけ試合の流れを肌で感じやすくなるのですが、そういう意味では今日の試合は正直キツイ状況下での試合やったような気がします。魂のこもったプレーはできていてもそれを後押しする何かが昨年と比べると足りなかったように思えてならなくて。先取点でも取れたならその足りないものが一気に見えてきたかもしれず、つくづく勝負に絡むアヤという部分の深さを感じずにはいられません。

約束事を徹底して個々が堅実にミッションを遂行していけば、いずれチャンスがつかめる。この日の名古屋ユースはまさしくそのことを実行し切ったイメージでした。ピッチ上のみんなボールの扱いが上手なだけでなく丁寧というか、素直に感心させられました。

今年はタイトルを奪取したこともあり、色々な角度や立場での試練を高い密度で体感できた珍しい1年でもありました。まだまだ道半ばの部分だらけですが、高いステージを目指して日夜頑張る選手たちの今後を左右する要素を周囲の大人たちが持っていて、それを大事にしてあげなきゃいけないよなっていうことも再認識できた次第です。

何にせよ3年生の選手たちにはゆっくり休んでもらって、またセレッソに戻るチャンスを虎視眈々と狙ってほしいですし、下級生は今年積み上げたものをベースにさらに高いレベルでの活躍を期待せずにいられません。色々と厳しい中、セレッソの誇りを胸に今年1年を戦い抜いたU-18の選手、スタッフに心から感謝です。

Pc130131 Pc130191 Pc130272 Pc130341

|

« こういう風景は好きですが | トップページ | オウンゴールが1試合3発! »

セレッソ大阪ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547524/47016539

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/12/13 Jユースサンスターカップ決勝トーナメント(名古屋-C大阪):

« こういう風景は好きですが | トップページ | オウンゴールが1試合3発! »